落伍者の人生逆転への軌跡

30代、借金120万、貯金0、パチンコ依存症、独身。。。こんなさえない底辺サラリーマンが借金を返し依存症を克服しながら、株や先物、FX等の投資・宝くじ、その他ビジネスを通して這い上がり人生逆転を狙っていく、そんな軌跡を書いていくブログです!

JR東日本、変動運賃を採用?

JR東日本で変動運賃制の採用を検討しているという情報が入ってきました。

 

yahooニュース

通勤ラッシュ時に高くなる? JR「変動運賃制」導入への課題は...(J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース

 

 

現在の運賃体系

 

今の鉄道の運賃体系は基本的に乗車する距離によって決まります。当然ですが、遠くに行くほど運賃は高くなります。

 

 

変動運賃って!?

 

今は距離に応じて運賃が決まるのに対して、さらに混雑状況も加味されて決まるものです。例えば、通勤ラッシュなどで、利用者が多くなる時に料金を高くしたりするといったことのようです。

 

f:id:LifeReversal:20201108104716j:image

 

ピークを分散化し混雑を緩和する事で密を避けるという事が狙いのようです。綺麗事抜きで考えると、儲かるタイミングでしっかりと儲けるという事ではないでしょうか?ビジネスとしては真っ当な方向性だと思います。

現在はJR東日本が検討をしていますが、JR西日本も導入の検討を始めたとのことです。

 

 

問題点も・・・

 

利用が集中するタイミングで運賃を高くするのは合理的な素晴らしい手法ですが、現状のままだと通勤するサラリーマンに影響が出そうです。

 

1.通勤手当(交通費)の問題

定期券を支給する会社の場合だと問題にならないかもしれませんが、通勤にかかる乗車券分などを基準として、給与と一緒に支給する会社で問題が生じる可能性があります。

変動運賃で一定期間の時間帯運賃が固定されて、たまに料金の見直しがされる運用だと、企業の経理担当者が少し苦労するだけで済みそうです。一方、列車の混雑状況でリアルタイムで運賃が変動する、『リアルタイム変動運賃』の場合、交通費の計算がすごく煩雑になる可能性があります。その結果、経理担当者が苦労するだけでなく、全社的な運用や規定の変更を迫られる可能性があります。

 

2.通勤にかかる費用が負担になる人も

ひょっとしたらですが、手当の計算を簡略化するために、最低運賃に基づいて手当の計算をするといったセコい企業が出てくるかもしれません。通勤費については、労働基準法等の法律で企業に義務付けられておりませんので違法性はなさそうです。なので、運賃が通勤手当を上回ってしまい、従業員は差額を負担しなければいけない人も出てくるかもしれません。

 

3.出社時間が早くなり、実質的な拘束時間が長くなる!?

日本の企業が通勤時間を遅くして対応する事は残念ながら考えられません。決まった時間に出社することを求めるでしょうし、会社員は遅刻しないように出社しなければいけないです。そうすると、上記の通勤費が負担になる方々は早く出社するようになるのではないでしょうか?すると、早い時間に会社につき、始業時間まで時間を潰さなければいけません。会社によっては仕事しなければいけない雰囲気になるブラックな会社もあるかもしれません。

 

 

ホリエモンは変動運賃を予測していた!?

 

このニュースを見て真っ先に思い浮かんだのは、実業家の堀江貴文さんの『東京改造計画』です。

 

 

東京改造計画(NewsPicks Book)

東京改造計画(NewsPicks Book)

  • 作者:堀江 貴文
  • 発売日: 2020/05/30
  • メディア: 単行本
 
東京改造計画の闇

東京改造計画の闇

 

*別著者で同時期に似たような名前で出ている書籍を発見しましたので載せておきます

*東京改造計画の闇

 

 

時代を見る視野・視点がシャープだと思います。思考方法や目の付け所、勉強になります。

 

 

関連銘柄

9020:東日本旅客鉄道

9022:東海旅客鉄道

9021:西日本旅客鉄道

9142:九州旅客鉄道

9042:阪急阪神ホールディングス

9005:東急

9041:近鉄グループホールディングス

9007:小田急電鉄

9009:京成電鉄

9024:西武ホールディングス

9006:京浜急行電鉄

9008:京王電鉄

 

*調べていてわかったことですが以下の企業は旧国鉄の中で未上場らしいです

北海道旅客鉄道四国旅客鉄道日本貨物鉄道

 

 

最後に

 

時代は常に変化し、歴史を刻んでいきます。特にインターネットが普及して一般化した現代では、その速度が爆発的に早くなっているのを感じます。

そんな時代に生きる私たちは、どんな時代になろうと生きていく力を身につけていかなければいけないですね。

 

今回はホリエモン&CEOさんの『TOKYO』を聴きながらお別れです!

 

皆様に爆益あれ(^ω^)

 

TOKYO

TOKYO